乗り物タイプの耕運機、つまりトラクターや、耕運機で牽引して運搬車を動かす場合には、ひとつ基本的な注意事項があります。
それはズバリ、免許証です。これがないと運転はできないのです。

耕運機と運転免許証

耕運機は公道を走る場合には、無免許での操作はできません。
普通の自動車を運転するのには、普通自動車の運転免許を取得する必要があるのと同じで、耕運機を運転するのにも免許が必要です。

ただし、運転する耕運機の大きさにより必要な免許はちがってきます。
道路交通法で規定されることとしては、最高速度が15km/h以下で、なおかつ長さが4.7m、幅が1.7m、高さ2.8mという条件以下であれば、小型特殊自動車として、小型特殊免許および普通免許証で運転が可能となります。
つまり、普通自動車免許課あればOKということです。

小型特殊免許は、耕運機や小型トラクターといった農業用の乗り物について使えます。
しかし、この基準をどれかひとつでも上回ると、大型特殊免許が必要になります。
普通免許証を取得していても運転はできず、別に大型特殊免許を取る必要があります。

また、スピードスプレーヤ(大型の農薬散布機)では、普通免許が必要となります。
総重量750kg以上のトレーラーを牽引する場合も、別途けん引免許という種類の免許が必要です。

耕運機を所有する場合は、圃場まで公道を走ることが多いと思うので、最低でも普通免許は取得しておきましょう。
一般的には軽トラックなど普通の車を運転する機会も多いでしょうから、わざわざ小型特殊免許だけを取得する必要はありません。

大型の農業機械を使用する場合は、大型特殊免許を取得する必要があります。
大型特殊免許があれば、小型特殊自動車や原付も運転できますし、農作業を行う上では、これひとつで十分といえるでしょう。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

耕運機(クボタ,ヤンマー,ホンダ):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kounki.mb34.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。